• ホーム
  • 性器ヘルペスはバルトレックスでやっつけよう

性器ヘルペスはバルトレックスでやっつけよう

2020年01月15日

性病のなかには完治することができないものもあります。ヘルペスウイルスによる性病もそうであり、ウイルスを死滅させることはできないので、ヘルペスウイルスに感染した場合は抑制することで治療を進めなければなりません。性器ヘルペスに効果的な治療薬として、バラシクロビルを含んだバルトレックスを挙げることができます。バラシクロビルはヘルペスウイルスの活動を抑制するので、効果的に治療を行っていくことが期待できるでしょう。

ヘルペスウイルスは感染力が高いです。感染力が高いためオーラルセックスやコンドームなしのセックス、アナルセックスによって、簡単に性器ヘルペスになってしまう可能性があります。一度治療を行って完治したように感じられても、ウイルスは死滅せずに神経節などに潜伏しているので、きっかけがあれば再発してしまうのです。きっかけとなる出来事には、ストレスや疲労による免疫力の低下や、セックスによる刺激を挙げることができます。

潜伏しているウイルスが活性化しないようにするためには、バラシクロビルのような抗菌作用を持つ成分を含んだ治療薬を用いなければなりません。ただし、完治することがないので、服用をやめてしまうと、ふとしたことがきっかけで再発してしまうかもしれないと知っておきましょう。いつ再発しても良いようにバラシクロビルを常備しておくのも、ひとつの手だと言えます。

バルトレックスは病院で処方してもらう以外には、個人輸入代行サービスの通販サイトを利用することでも入手できるでしょう。わざわざ病院を利用する必要がありませんので、症状が出ていないときに常備薬を欲しいと感じたときでも、簡単に購入することができます。ただし、初回から通販で購入するのであれば、飲み方や副作用についての説明を医師から受けることができないので、自分で調べるようにして、正しい服用方法を心がけてください。もしも異変が生じたときには、すぐに医療機関を受診することも必要です。

性器ヘルペスを完治させることはできませんが、バルトレックスを服用することで一時的にウイルスを抑制することができます。現在はこういった治療方法が最も有効だと言えるので、一度感染してしまった場合は再発に備えておくと良いでしょう。感染力が強いこともあり、パートナーも一緒に感染してしまうケースが多いので、個人輸入代行サービスで治療薬をまとめ買いすれば、薬代を抑えることもできるのでおすすめです。