男性を診ている医者
白い薬の瓶
悩んでいる男性
緑のカプセルと瓶

クラミジアは粘膜接触によって感染する性病であり、複数人と性的関係を持つことも病気に感染する原因のひとつとなります。性感染症のなかには自覚症状があるものもありますが、クラミジアは無症候であることが多いため、治療が遅れがちですが、放置してしまうことで重大な病気を引き起こすことがあるので危険です。感染経路について学ぶことで、病気がうつってしまわないような予防策を考えることが大切だと言えます。

クラミジアは性行為で感染します

クラミジアは性行為で感染するものであり、コンドームを使用せずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うことで感染します。原因菌が手についた状態で目をこすることによって結膜炎になることもありますが、ほとんどの場合は性器同士や咽頭への感染です。性行為が主な感染経路となるため、こういった性行動を行うのであれば、きちんと予防することが大切だと言えます。

クラミジアはコンドームをしっかりと使用することで感染を防ぐことができます。原因菌が含まれる体液が相手の粘膜に接触することでうつるわけですから、コンドームによって粘膜同士が触れないようにすれば、感染のリスクを減らすことができるのです。女性がピルを服用している場合は、避妊する必要がないからと、避妊具を使用しないカップルもいますし、男性同士であれば避妊具なしでアナルセックスを行うケースも多いと言えます。ですが、感染経路を断つという意味では、避妊具は絶対に使用するべきだと言えるでしょう。

また、不特定多数の人と関係を持たないということも大切です。複数人と性的関係を持ってしまうと、いつどこから感染したのかわかりませんし、無自覚である場合は発症に気がつかず、そのままパートナーにまで移してしまう可能性もあります。大勢の人と関係を持つ女性は間違って妊娠してしまわないようにピルを飲んでいることが多く、その結果、避妊具なしでの性交渉が増えているので、感染のリスクも高いと言えるのです。パートナー以外とは性交渉を行わないことを心がけるようにすることが大切ですし、もしも誰かと性行動をするのであれば予防しておくことが重要だと言えます。

男性の風俗利用も問題視されており、風俗のオーラルセックスによって性風俗に従事している女性から病気をうつされることがあるので注意が必要だと言えます。性風俗は性病を予防するために定期的に検査をしているという場合が多いですが、性感染症には潜伏期間があり本人が気づかない場合もありますし、検査直後に感染して次の検査までに多数の人にうつす可能性だってあるのです。こういった理由で病気をもらってしまい、それをパートナーに感染させてしまうと、ふたりとも治療を受ける必要が出てくるだけでなく、信頼関係を崩すことにもつながります。

症状がほとんどなく気づきにくい

クラミジアは潜伏期間が1週間から3週間あるので、その間に気づかずにパートナーに移してしまう人もいます。男性の場合は尿道炎のような症状が起こるので、尿道に痒みが生じたり、膿のような分泌物が出てきたりする場合もありますが、同様の症状が出る淋病のときほど重症ではないので気がつかない人も多いです。膿が出ると気づくのではないかと思う人もいるかもしれませんが、これはサラっとした液体で量も少しであり、色も透明から乳白色なので膿だと気づかないケースが多いと言えます。これらの症状がなく無自覚の場合も少なくないので、クラミジアになったことに気づくことは困難だと言えるのです。

女性の場合はおりものの量が増加したり、生理ではないのに出血する不正出血が起こったりします。下腹部の痛みや性行為を行うときに陰部などに痛みを感じることもありますが、これらすべての症状は必ず起こるわけではありません。男性と同様に無自覚であることが多いので、病気だと自覚できないケースが多いと言えます。おりものは量が増えても色や臭いに変化がないことが多いので、症状があらわれても自覚できないことがほとんどです。

クラミジアは他の性病と比較しても、症状があらわれにくかったり、軽度のものであったりするため、感染に気づかないことが多いと言えるでしょう。また、潜伏期間が1週間から3週間ほどあるので、パートナー以外と関係を持っている人や、性風俗に従事している人は、感染経路を特定することが困難です。しかしながら、感染に気がつかなければ重篤な病気の原因となることもあるので注意しておかなければなりません。

男性の場合は尿道、女性の場合はおりものなどから異変を察知することができる場合もあります。些細なことであっても、クラミジアの感染が疑われる症状があるのであれば、すぐに医療機関を受診したり検査キットを使用してセルフチェックを行ったりすることが大切です。一刻も早く治療を行わなければ、パートナーにうつしてしまったり、症状が悪化して重篤な病気となったりするので、性感染症の疑いがある場合は、すぐに適切な行動を取ることができるようにしておきましょう。早期発見が可能となれば、治療がスムーズに行われ、早く完治させることができます。